ビジネス英語もオンライン英会話がおすすめ

ビジネス英語のオンライン英会話のおすすめ

ビジネス英語もオンライン英会話がおすすめ

ビジネスのためのオンライン英会話

ビジネスのグローバル化に伴い、英語を学びたいと考えるビジネスマンが増えています。

これまでは英会話教室に通うのが一般的でしたが、オンライン英会話で学習するケースが多くなってきました。

オンライン英会話にはビジネスマンと相性の良い特徴があるからです。

たとえば毎日の仕事が忙しいと、平日に英会話教室に通うのは簡単ではありません。

休日はできるだけプライベートの用事に使いたいというケースも多いでしょう。

そのような人でもスマートフォンさえあれば、通勤中にオンラインで指導を受けられます。

たとえば通勤電車の乗車時間が30分であれば、それ以下の時間の授業であれば毎日でも無理なく受けられます。

もちろん自分が発音するタイプの授業は受けられませんが、リスニングが中心の授業であれば問題はありません。

また、講師を選びやすいこともビジネスマンにとって大きなポイントです。

使用するサービスにもよりますが、いろいろな国籍の講師から自由に選択できるところも多くあります。

出張したり取り引きしたりする国の講師を選んで勉強できるので実践で役立つ英語力を培えるでしょう。

また、国籍だけでなく得意分野や前職なども講師によってさまざまです。

それを考慮したうえで選択することで高い効果を得やすくなります。

たとえば英語でのプレゼンの予定が入っているなら、プレゼンの経験が豊富な講師を選ぶとコツを把握しやすいです。

外国人を接客する予定であれば、接客業の経歴のある講師を選ぶと良いでしょう。

その他にも、単純にビジネスの相手と似ている講師を選んで、取り引きのシミュレーションを行うような方法もあります。

このようにして仕事のスタイルや状況に合わせて、柔軟に選択できることはオンライン英会話ならではの特徴といえます。

その他に、基本的に教材が無料であることもメリットの一つです。

自費で学習する場合は、できるだけコストを抑えたいと考えるのが普通です。

一般的な英会話教室は教材費が高額である場合も珍しくありません。

オンライン英会話に対して、教材費の心配をしなくて良いことを心強く感じる人が多いでしょう。

もちろん有料のところもありますが、負担を大きく感じるほど高額であるケースは稀です。

そのため長期にわたって学習を続けていくのにも向いていますし、いろいろな内容の授業を気軽に選べることにも関係しています。

海外と継続的に取引していく予定であれば、できるだけ学習も続けるのが望ましいので、気軽に続けられることは重要なポイントです。

さらに電子データが記録されることもオンライン英会話の特徴です。

たとえばチャットを使った質疑応答などはログとして残るところが多いです。

それらを小まめにチェックすることで、復習の参考にしたり進捗を把握したりできます。

苦手なポイントや講師からのアドバイスなどを記録するシステムを有するところもあります。

その場合はわざわざメモを取る必要がありません。

カランメソッドのやり方と効果とは

カランメソッドとは英会話の学習法のひとつで、イギリスのカランという人物が編み出したことがその名前の由来になっています。

このメソッドの特徴としては、教師の質問に対して生徒は反射的に応答をすること、そしてこのようなスピード感あふれる反復練習を繰り返すことが挙げられます。

それだけに教室には常に緊張感がともなうのも事実ですが、ネイティブと同様の英語脳が鍛えられ、ヒアリングなども得意になってくるという部分では、得られるものは大きいはずです。

わが国の学校教育では傾向として特に顕著なところがあります。

たとえば同じ英語の学習とはいっても文法に固執する場合には、教師から英語で問いかけがあった際、頭のなかで、あるいはノートなどに書き取りをしながら、いったん英語を日本語に翻訳する作業をともないます。

そして実際に応答するにあたっても、もう一度日本語の文章を英語に翻訳する作業を挟みますので、当然ながら時間的なロスが大きくなりますし、手間もそれだけかかります。

このような方法ではネイティブスピーカーとの対話のスピードについていくことができず、義務教育を含めて英語を何年間も学習しているのに、まったく話すことができないという、日本人にありがちな弊害が生まれることになってしまいます。

カランメソッドはこれとは真逆で、教師の質問そのものも高速ですし、生徒の応答も瞬時に行われます。

頭のなかで考えるのではなく、ほとんど反射神経を養うようなかたちで、徹底的に英会話の能力を磨くシステムと考えてもよいでしょう。

ただしこのメソッドは文法などの要素をおろそかにしているかといえば、実際にはそのようなことはありません。

授業の前提となるテキストそのものはあらかじめ用意されており、教師はそのテキストにしたがって生徒に対して質問をしています。

むやみに教師が思いつきで質問をしているわけではありませんので、テキストにおける段階を通じて、自然に文法や単語が身につくように工夫されていると考えるのが適当です。

授業のなかでは質疑応答の訓練とともに、前回の復習や単語の説明などもあるのが普通です。

授業そのものはスピード感を重視しますので、テキストをそのまま黙読または音読するようなことはありませんし、またその時間的な余裕もありません。

文法中心での学習を続けてきた日本人にとっては、最初はこのような方法についていけないことも少なくはないといえます。

しかしもともとのネイティブスピーカーではないことを考えれば、失敗するのは当たり前という覚悟で授業に臨めば、反復継続していくなかで、自然と実力をものにすることができます。

インターネットなどを通じて授業を行うオンライン英会話のプログラムでも、このカランメソッドを採用していることがあります。

教師と生徒のマンツーマンで進めるオンライン英会話とは親和性が高く、上手に使えばかなりのステップアップが見込まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です